無料ブログ作成サービス JUGEM
←prev entry Top next entry→
「無意識」への抵抗
  
        2016年 4月15日 渡良瀬鉄道

 
いつも愛用している小さな歩数計が行方不明となった。縦3センチ、横6センチ、厚さ1センチくらいの小さな物だ。歩く時はズボンかバックのポケットに入れて、夜にはパソコンでの歩数管理の為に必ず机上に置く。このパソコン管理は日記みたいなものだから、旅行にでも行かない限り必ず毎日記録している。見つからなくなった前夜はパソコン入力しているから机上に有った事は間違いがない。そして、私の部屋は妻が洗濯物を置きに来る以外は誰も立ち入ることがない。この翌日、徹底的な捜索をした。すべてのズボンや服のポケット、バック、机の上下、引き出しの中、ベットの下、果てはゴミ箱の中まで徹底的に探したが見つからない。忽然と消えたのだ。忽然と・・・・。



たかが歩数計。例えそれを無くしたとしてもそれほどのショックはない。が、その消失の原因が思い当たらない。悶々が続く。

所が数日後、行方不明の歩数計は全く思いがけない所から発見された。机とは部屋の正反対の数メートル離れた所にある本棚に置いていた病院関係のA4の封筒の中からだ。なぜ、ここから? まるで、トイストーリーのおもちゃ達の秘密の連携プレーのように、秘密裏に全く縁もゆかりもない場所へ歩数計は数メートル動いていたのだ。

一体なぜここから? 確かに最近、ポケットの多いバック等に無意識に財布や携帯電話や本を入れ、果たしてどのポケットに入れたのか、そして、どうしてそこに入れたのか、わが身を疑う無意識の中の事実がしばしば起きる。歩数計もやはり無意識のうちに、だろうか。しかし、これが無意識だとすると、自分への疑いが一段と高まるが。





無意識だけの問題ではない。以前泊まったことが有る温泉の風呂場で、脱衣かごに入れたはずの部屋の鍵が行方不明になり、旅館のフロントを巻き込んだ騒ぎとなった事が有る。フロントの人が探してくれた結果、カギはやはり脱衣かごの中で見つかった。かごの手前の淵に張り付いており、それが死角になって分からなかったのだ。落ち着いて探せば見つかったはずだが、その時、脱衣所にはどう見ても泊り客ではない、浴衣着ではなく私服姿の一見ちょっと怪しげな一人の男が出て行ったばかりで、それが先入観となって「奴は怪しい!」との思いから早合点したのだろう。因みに、あとで分かった事だったが、その「怪しい男」は別の団体のツアーコンダクターで、どうやら風呂場の下見に来ていたらしい 温泉 冷や汗

無意識や早合点。これをシニア的特有現象で括れば話は簡単だ。が、しかし、今回の場合、ちょっと事情が違う。あの歩数計は夜まではいつもの置き場所である机の上に有った事はまぎれもない事実。その証拠にパソコンでの前夜の歩数記録が残っている。
しかしそれでもやはりあれは無意識に入れたんだとしぶしぶ観念し始めた頃に「事態は動いた」。移動の理由が分かったのだ。その日、歯医者に行く為に歩数計を発見した病院関係の書類を取り出して机の下に立てかけていて、ふと見ると、そのA4の封筒の口はかなり大きく開いていたのだ。中に分厚い書類が入っていたせいなのだろう。それは、上から落ちた歩数計を受け止めるには十分な広さだ。そして「あの時」も確かにこの封筒を机の下に立てかけていたことを思い出した。きっと、机の上の歩数計が何かのはずみで下に落ち、そのままあの封筒に飛び込んで行った・・・のだ。やはり、無意識ではなかった。無意識ではないことを意識して、ついにその原因を突き止めた 
拍手

 


そして考える。齢を重ねるとこのような無意識や早合点を「あー、年のせいだ」と安易に結論付ける。それはきっと、人や物との関わりへの機会が減って、その対処が鈍くなって、面倒な思考を避けて、短絡的な思考となってしまうからなのであろう。しかし、今回は[無意識」に抵抗して成果?を得た。まだ私も捨てたものではない。たかが古希の歳。老けるのは早い。アンチエイジングに挑むために、もう一度、自身の振る舞いを意識する。無意識と早合点からの脱却。その為にも、まずは立ち居振る舞いから。人を疑う前に自分を疑う、決して人前でバックや服のポケットの中をまさぐる事は止める(なるべく)。そして例え、失った物が見つからなかった時も一旦は冷静を装う。無意識と早合点からの脱却。まず、たたずまいからの見直す。アンチエイジへのあくなき抵抗として。鼻息 ヤッタv


 2016年5月 埼玉県鳩山 岩殿観音
| 老真 | - | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
Comment
name:
email:
url:
comments:
Trackback
http://uryushinjiro.jugem.jp/trackback/174